ワイドパンツですっきり足長

ここ最近種類も豊富に出て来ているワイドパンツです。簡単なアイテムの様ですが、実際着用してみると『どうも違う』『思っていた感じではない』とガッカリされる方もおられる事でしょう。でもそれは仕方が無い事なんですね。ワイドパンツは簡単なアイテムに見えて、実は自分の体形に合っていないと途端におかしくなってしまうアイテムなんです。試着してみた時にオシリのラインがそのま足のラインへと繋がっている事。あまりに太いパンツや、硬い生地のパンツは初心者には難しいと思われますので、横幅は腰幅まで、鏡に対して横向きに立ち、オシリの一番出ている部分がそのままストンと下に流れるラインの物をふんわりとした生地感で選んでみると、途端に足長さんに見えて来ます。初めは面倒でも自分に合った1本を見つける事が出来ると後はそれと同じサイズで選んで行けばいいのです。寸法を測っておけば通販でだって購入可能です。合わせるトップスですが、オシリが気になるからとオシリが隠れる丈のモノはちょっと合わないかもしれません。せっかくワイドパンツで出来上がったオシリからストンと流れるラインを消してしまうからです。丈は長くてもオシリが少し被る程度まで。出来れば少しふんわりとしたラインのモノが良いかもしれません。前が少し短めの前後で丈が違うふんわりトップスで、後ろはやんわりオシリに被る程度。この組み合わせですとトップスにも動きが出て視線が逸らされ綺麗に着用する事が出来るのではないでしょうか。動きのあるトップス、ふわふわと揺れるワイドパンツで気になるオシリも上手に隠れる事でしょう

ワイドパンツの体型隠しコーデ

下半身が太い、全体的にぽっちゃりという悩みを解決してくれるアイテムがワイドパンツです。ガウチョパンツが流行し、ワイドパンツに移行して数年未だに人気が高いアイテムなので女性なら一本は持っているアイテムかと思います。しかし、ワイドパンツの素材やデザイン、色や柄によっては悪目立ちしてしまい余計に体型が協調される場合もあるアイテムだけに自分に似あった物を選びたいですね。夏場はハリのある生地よりもサラリとした素材の方が爽やかで体型カバーにもなりますが、これから秋冬にかけては涼しいイメージになってしまうので少しハリ感のある素材で色無地が無難ですね。前に紐がついているワイドパンツが流行し始めましたが、前に二本のタックもあって体型カバーには持って来いです。花柄も以前ブームですが、体型カバーに使うアイテムにしては上級者なので注意も必要でしょう。もしも、気に入ったワイドパンツが花柄だったならトップスは色無地にしてボトムにインするとコンパクトな印象になります。重ね着が楽しい季節のこれから、トップスとワイドパンツの色をワントーンで合わせてアウターで遊ぶのも良いですね。縦ストライプは特に足長効果もありおススメです。またブーツなどで足元を引き締めるのも着痩せ効果はあります。

ワイドパンツを味方につける!

下半身、特に太ももが気になる人にとってお助けアイテム、ワイドパンツですね。ただ、ワイドパンツと言っても形は様々。タックがあるものからないもの、生地感も薄手から厚手まで。下半身に悩みがある人なら、この見極めが肝心です。私的にオススメはジーンズ以外なら薄すぎず厚すぎず。特にチノ系は薄いと体型を拾うし、厚いとバーーン!と張って見えたり…生地感意外と大切です。ウエストはそこまで気にならないけど腰やお腹まわり(おへそまわり)が気になる、そんな人にはタックありのタイプが体型カバーしてくれます。タック分のゆとりでお腹まわりをカバー、その分ウエストが強調されてすっきり見えします。逆にお腹まわりがそこまで気にならない人ならタックなしがスッキリ細見えします。あとはパンツ丈も重要ですね。身長が低い人ならトップスインもしくは短めにして腰からズドーンとスニーカーの靴底スレスレ長めの丈で脚長効果を狙っても。いくらワイドパンツって言っても体型が気になって短めトップスに勇気がいる人は、たてライン強調するためにロングカーデなどを羽織ると体型カバーができますね。バッグを斜めがけしたりリュックにしたり、上半身にポイントをつくって目線を上にもっていくとよりもたつきが気になりません。せっかくのワイドパンツ、隠したいところしっかり隠して、細見え効果を狙いたいですね。

秋はオーバーサイズで体型隠し

暑い夏が過ぎ、過ごしやすい気候になって食欲も増加してくる秋。旬の美味しい食材も多く、食事が楽しくなる時期です。この時期は気をつけていないと、体重増加や体型の崩れを引き起こします。一方で秋は羽織り物やニット素材のアイテムなど、ファッションも存分に楽しめる時期なのです。食事もオシャレも両方楽しみたいという人は、体型を隠してスタイル良く見せられる着こなし方を知っておきましょう。近年はオーバーサイズの洋服が流行しています。体型を隠すことができ、さらに自分の体型よりも大きなサイズなので、大人女性の体を華奢に見せることができるのです。オーバーサイズのトップスは取り入れやすく、目線が上に行くのでスタイルが良く見えます。またタイトなデザインのパンツやスカートを履いても、トップスがゆったりとしているので下半身が細く見えるでしょう。下半身の体型隠しをしたい場合には、マキシスカートやボーイズデニムなどを履くのがおすすめです。体型を隠そうと体のラインが出ないようなサイズばかり気にしてしまうと、シルエットが不自然になってしまいます。そのため、足首が出るデザインや足元にかけて細身になるデザイン、トップスをインするなどボトムスの全体的なデザインやシルエットはしっかりと見極める必要があります。上下ともにオーバーサイズにしてしまうとバランスが悪くなります。できるだけ上下のどちらかだけをオーバーサイズにしましょう。

2019年注目の秋のレディースファッション

2019年の秋のレディースファッションで注目しているのがウエストマークのシルエットですね。上半身や肩部分にボリュームを出した上にウエストを締めるシルエットのことで、これからウエストが細く見えるのでチェックしている女性は多いのではないでしょうか?またアウターでもウエストマークのモノが増えてきているので、ファッションに取り入れやすいのが魅力です。それと個人的に好きなマニッシュスタイルが2019年のトレンドになっているので、この秋ちょっとハードなジャケットやモノトーンを基調とした細身のパンツルックは外せないファッションと言えるでしょう。

ちなみにこの秋冬のトレンドの柄はチェック柄とドット柄で、トレンドカラーはラベンダーやパープルということです。ラベンダーはちょっとくすんだグレーっぽい色味が今年流ということなので、まだ使いやすいかなと思います。ただ普段パープルとかラベンダーの服は着ないので、小物で差し色として使うとこから始めてみたいと思います。そして注目はドット柄で、チェックよりこちらの柄の方がファッション上級者向けといったイメージがあります。ですが今年は上手にコーディネイトに取り入れてみたいです。

下半身太りカバーコーデ

下半身が太いお悩みがある場合、ピタッとしたパンツやタイトスカートはなかなか履くことができません。でも素材に工夫されているスキニーパンツなら脚の太さを気にしないで履くことができます。おすすめしたいのが魔法の美ラインシリーズのスキニーパンツです。このパンツは伸縮性のある素材が体にしっかりフィットして動きやすくなっています。ウエストがゴムなので苦しくありません。ヒップを持ち上げるようにしてくれるパンツで美脚効果が期待できます。下半身が太くてもさりげなく着やせ効果を得られるスキニーパンツなので1枚あると便利です。このスキニーパンツにロングカーディガンを羽織れば縦のラインを強調するコーディネイトになるので脚がより細く見えます。下半身が気になる時は、足首を出したパンツスタイルもおすすめです。足首は細いので、ここを出すだけで
脚全体を細く見せることができます。タイトスカートを履く場合は、長さに注意すれば細く見せることができます。
下半身が太い人は、ロング丈のタイトスカートがおすすめです。脚を隠せるだけでなく縦のラインを強調できるのでタイトスカートでも上手に体型カバーできます。下半身太りをカバーするコーディネート、ぜひ取り入れてください。

下半身をすっきり見せるファッション

いよいよ夏本番ですね。皆さんは夏に向けてダイエットなどされていませんか?夏は露出が増える季節です。いつもかっこよくきれいに見られたいと思うのが女性ではないでしょうか?そこで、今回は下半身をすっきり見せるファッションに挑戦です!まず、ボトムスからですが、今年はスカートやワイドパンツが流行っています。スカートにしてもワイドパンツにしてもすこしウエストの位置が高めのハイウエストのものを選びましょう。スカートであれば、プリーツが入っているタイプもおすすめです。プリーツが入ることで立てラインが強調されて下半身をすっきり見せる効果があるのです。また、スキニーパンツなどを合わせるのもおすすめですね。では、それに合わせるトップスはというと、こちら。「ボトムがゆったり目の場合は丈が短めなトップス」を選びましょう。逆に「スキニーなどのピッタリ目のボトムスにはちょっと丈が長めのカーディガン」などを羽織ってみましょう。ボリューミーなボトムに丈が長めなトップスを合わせてしまうとやぼったく見えてしまうので着こなしが難しいです。下半身をすっきり見せるファッションのポイントは「全身のサイズ感のバランス」にヒントがあります。ぜひ、あなたも色んなファッションを試してみて、この夏スッキリ下半身で乗り切りましょう!

美脚に見せたい時のパンツ選び

脚が太いというお悩みがあるとパンツスタイルの時に脚の太さが目立ってしまわないかなと悩みますね。どのようなパンツを選べば脚の太さを気にしないでおしゃれを楽しめるのでしょうか。美脚に見せることができるおすすめパンツはワイドパンツです。ワイドパンツは太ももからしっかり太さがあるパンツなので体型カバーに最適です。ただし全体的に太く見えないようにするためにトップスはピタッとしたものを選ぶようにしましょう。ふんわりしたデザインのものを選んでしまうとシルエットがぼんやりしてしまいます。ワイドパンツはハイウエストを選ぶことでより美脚に見せることができます。脚を長く細く見せてくれる効果があります。ウエスト部分にリボンベルトがあるとウエストも引き締まって見えます。美脚に見える方法として、足首を出すというのもおすすめです。足首が見える丈のパンツを選ぶ事でスラリとした脚に見せることができます。スキニーパンツも足首を見せるだけで脚長に見えます。どのような色のパンツを選ぶのかでも美脚効果が変わってきます。引き締めて見せたいという場合は濃い色を選ぶようにしましょう。靴や小物類も上手に選ぶとさらに美脚効果がアップします。

TPOに合わせたデザインや丈

プライベートであれビジネスであれ、女性はスカートを選ぶ際にはTPOをわきまえたデザインや丈をまずは心がけるべきだと思います。パーティーシーンで大きいサイズのドレスが必要膝より丈が短いスカートを選ぶ事は基本的にありえないと思います。もちろん、制服なのでドレスコードが決まっていればありえないことでしょうが学生気分で男性に足を見せたいがために丈の短いスカートを選ぶ事はあり得ません。また、スカートのデザインについても注意が必要です。お尻のラインがくっきり見えすぎているパンツをビジネスのシーンで選ぶ事はまずあり得ません。むしろ、ビジネスシーンでスカートを履く場合にはオフィシャルで黒や紺を選ぶことが基本になってくるでしょう。逆にプライベートであれば男性とのデートを想定して少し丈が短いスカートを選んだり、お尻のLINEがくっきり見えた方が男性に注目してもらうことができます。もちろん、色に関しても客観的に似合っていると思えば少し明るめの色でトーンを変えてしまった方がビジネスと違った姿を見せることができて好評だと思います。そして、自分自身の足の形や長さを把握した上でスカートを選べば、おしゃれな大人ナチュラル系のコートを通販で購入ことは間違いありません。

ワンピースの着こなしのポイント

ワンピースは上下セットの洋服なので、上と下のバランスを考える必要がなくコーディネイトしやすいのが特徴です。特に暑い季節などは涼しげで、体をあまり締め付け内から好きという人は多いでしょう。そんなワンピースの上手な着こなし方法を紹介していきます。まず生地の素材や色は季節に合ったモノを選びましょう。また春、秋ならジャケットとコーデしたり、冬ならインナーを着るタイプのざっくりとしたワンピースもあります。そして夏は通気性がいい麻や綿といった素材のワンピースを選ぶのがポイントと言えます。さらに柄モノのワンピースには無地のジャケット、逆にモノトーンなどの無地のワンピースならジャケットは遊び心がある色を選ぶとワンピースが映えます。他にもブルーニットワンピースにデニムを合わせるなど夏以外の季節ならワンピースの下にデニムやスキーニ、レギンスなどを合わせるのも着こなしのポイントと言えるでしょう。あとオーバーサイズのモノやロング丈のワンピースを選ぶと体型を隠すことが出来るので着痩せして見えます。特に黒などは引き締まって見える色なのでお勧めで、逆に膨張色である白のワンピはよほど体型の自信がある人にしかお勧めできません。