淡い色で痩せ見えコーデ

膨張色とも言われる淡色は、ぽっちゃり体型を強調してしまうというイメージがありますが、組み合わせ次第ですっきりした印象を与えることができます。

その方法の一つが、同系色を組み合わせることです。引き締め効果を目指すのであれば、黒のような色と合わせる方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、極端に濃い色と組み合わせると、対比によって淡い色の部分がより膨らんで見えることがあります。
それよりも、トップスから足元まで同系色を選ぶようにすれば、全体的な統一感が生まれるだけでなく、縦長な印象を与えることができます。
そんな同系色コーデに挑戦をする際に重要となるのが、体型を隠すことを意識しすぎないことです。ぽっちゃり体型を誤魔化したいのであれば、首周りなど細く見えやすい部分はすっきりと見えるようにしておけば、引き締まった印象を与えることができます。
ベルトを使ったり、トップスの前だけインスタイルを活用したりするなど、ウエストの位置をはっきりとさせておくのも良いでしょう。ウエスト部分を強調することで、脚を長く見せる効果、そして全体的に縦長な衣装を与える効果を期待することができます。
ぽっちゃり女子が淡色アイテムを取り入れる際は、組み合わせは勿論、着こなし方まで意識をしておく良いでしょう。