秋はオーバーサイズで体型隠し

暑い夏が過ぎ、過ごしやすい気候になって食欲も増加してくる秋。旬の美味しい食材も多く、食事が楽しくなる時期です。この時期は気をつけていないと、体重増加や体型の崩れを引き起こします。一方で秋は羽織り物やニット素材のアイテムなど、ファッションも存分に楽しめる時期なのです。食事もオシャレも両方楽しみたいという人は、体型を隠してスタイル良く見せられる着こなし方を知っておきましょう。近年はオーバーサイズの洋服が流行しています。体型を隠すことができ、さらに自分の体型よりも大きなサイズなので、逆に体を華奢に見せることができるのです。オーバーサイズのトップスは取り入れやすく、目線が上に行くのでスタイルが良く見えます。またタイトなデザインのパンツやスカートを履いても、トップスがゆったりとしているので下半身が細く見えるでしょう。下半身の体型隠しをしたい場合には、マキシスカートやボーイズデニムなどを履くのがおすすめです。体型を隠そうと体のラインが出ないようなサイズばかり気にしてしまうと、シルエットが不自然になってしまいます。そのため、足首が出るデザインや足元にかけて細身になるデザイン、トップスをインするなどボトムスの全体的なデザインやシルエットはしっかりと見極める必要があります。上下ともにオーバーサイズにしてしまうとバランスが悪くなります。できるだけ上下のどちらかだけをオーバーサイズにしましょう。

2019年注目の秋のレディースファッション

2019年の秋のレディースファッションで注目しているのがウエストマークのシルエットですね。上半身や肩部分にボリュームを出した上にウエストを締めるシルエットのことで、これからウエストが細く見えるのでチェックしている女性は多いのではないでしょうか?またアウターでもウエストマークのモノが増えてきているので、ファッションに取り入れやすいのが魅力です。それと個人的に好きなマニッシュスタイルが2019年のトレンドになっているので、この秋ちょっとハードなジャケットやモノトーンを基調とした細身のパンツルックは外せないファッションと言えるでしょう。

ちなみにこの秋冬のトレンドの柄はチェック柄とドット柄で、トレンドカラーはラベンダーとブラックということです。ラベンダーはちょっとくすんだグレーっぽい色味が今年流ということなので、まだ使いやすいかなと思います。ただ普段パープルとかラベンダーの服は着ないので、小物で差し色として使うとこから始めてみたいと思います。そして注目はドット柄で、チェックよりこちらの柄の方がファッション上級者向けといったイメージがあります。ですが今年は上手にコーディネイトに取り入れてみたいです。

下半身太りカバーコーデ

下半身が太いお悩みがある場合、ピタッとしたパンツやタイトスカートはなかなか履くことができません。でも素材に工夫されているスキニーパンツなら脚の太さを気にしないで履くことができます。おすすめしたいのが魔法の美ラインシリーズのスキニーパンツです。このパンツは伸縮性のある素材が体にしっかりフィットして動きやすくなっています。ウエストがゴムなので苦しくありません。ヒップを持ち上げるようにしてくれるパンツで美脚効果が期待できます。下半身が太くてもさりげなく着やせ効果を得られるスキニーパンツなので1枚あると便利です。このスキニーパンツにロングカーディガンを羽織れば縦のラインを強調するコーディネイトになるので脚がより細く見えます。下半身が気になる時は、足首を出したパンツスタイルもおすすめです。足首は細いので、ここを出すだけで
脚全体を細く見せることができます。タイトスカートを履く場合は、長さに注意すれば細く見せることができます。
下半身が太い人は、ロング丈のタイトスカートがおすすめです。脚を隠せるだけでなく縦のラインを強調できるのでタイトスカートでも上手に体型カバーできます。下半身太りをカバーするコーディネート、ぜひ取り入れてください。

下半身をすっきり見せるファッション

いよいよ夏本番ですね。皆さんは夏に向けてダイエットなどされていませんか?夏は露出が増える季節です。いつもかっこよくきれいに見られたいと思うのが女性ではないでしょうか?そこで、今回は下半身をすっきり見せるファッションに挑戦です!まず、ボトムスからですが、今年はスカートやワイドパンツが流行っています。スカートにしてもワイドパンツにしてもすこしウエストの位置が高めのハイウエストのものを選びましょう。スカートであれば、プリーツが入っているタイプもおすすめです。プリーツが入ることで立てラインが強調されて下半身をすっきり見せる効果があるのです。また、スキニーパンツなどを合わせるのもおすすめですね。では、それに合わせるトップスはというと、こちら。「ボトムがゆったり目の場合は丈が短めなトップス」を選びましょう。逆に「スキニーなどのピッタリ目のボトムスにはちょっと丈が長めのカーディガン」などを羽織ってみましょう。ボリューミーなボトムに丈が長めなトップスを合わせてしまうとやぼったく見えてしまうので着こなしが難しいです。下半身をすっきり見せるファッションのポイントは「全身のサイズ感のバランス」にヒントがあります。ぜひ、あなたも色んなファッションを試してみて、この夏スッキリ下半身で乗り切りましょう!

美脚に見せたい時のパンツ選び

脚が太いというお悩みがあるとパンツスタイルの時に脚の太さが目立ってしまわないかなと悩みますね。どのようなパンツを選べば脚の太さを気にしないでおしゃれを楽しめるのでしょうか。美脚に見せることができるおすすめパンツはワイドパンツです。ワイドパンツは太ももからしっかり太さがあるパンツなので体型カバーに最適です。ただし全体的に太く見えないようにするためにトップスはピタッとしたものを選ぶようにしましょう。ふんわりしたデザインのものを選んでしまうとシルエットがぼんやりしてしまいます。ワイドパンツはハイウエストを選ぶことでより美脚に見せることができます。脚を長く細く見せてくれる効果があります。ウエスト部分にリボンベルトがあるとウエストも引き締まって見えます。美脚に見える方法として、足首を出すというのもおすすめです。足首が見える丈のパンツを選ぶ事でスラリとした脚に見せることができます。スキニーパンツも足首を見せるだけで脚長に見えます。どのような色のパンツを選ぶのかでも美脚効果が変わってきます。引き締めて見せたいという場合は濃い色を選ぶようにしましょう。靴や小物類も上手に選ぶとさらに美脚効果がアップします。

TPOに合わせたデザインや丈

プライベートであれビジネスであれ、女性はスカートを選ぶ際にはTPOをわきまえたデザインや丈をまずは心がけるべきだと思います。ビジネスシーンで膝より丈が短いスカートを選ぶ事は基本的にありえないと思います。もちろん、制服なのでドレスコードが決まっていればありえないことでしょうが学生気分で男性に足を見せたいがために丈の短いスカートを選ぶ事はあり得ません。また、スカートのデザインについても注意が必要です。お尻のラインがくっきり見えすぎているパンツをビジネスのシーンで選ぶ事はまずあり得ません。むしろ、ビジネスシーンでスカートを履く場合にはオフィシャルで黒や紺を選ぶことが基本になってくるでしょう。逆にプライベートであれば男性とのデートを想定して少し丈が短いスカートを選んだり、お尻のLINEがくっきり見えた方が男性に注目してもらうことができます。もちろん、色に関しても客観的に似合っていると思えば少し明るめの色でトーンを変えてしまった方がビジネスと違った姿を見せることができて好評だと思います。そして、自分自身の足の形や長さを把握した上でスカートを選べば、女性の魅力がアップすることは間違いありません。

ワンピースの着こなしのポイント

ワンピースは上下セットの洋服なので、上と下のバランスを考える必要がなくコーディネイトしやすいのが特徴です。特に暑い季節などは涼しげで、体をあまり締め付け内から好きという人は多いでしょう。そんなワンピースの上手な着こなし方法を紹介していきます。まず生地の素材や色は季節に合ったモノを選びましょう。また春、秋ならジャケットとコーデしたり、冬ならインナーを着るタイプのざっくりとしたワンピースもあります。そして夏は通気性がいい麻や綿といった素材のワンピースを選ぶのがポイントと言えます。さらに柄モノのワンピースには無地のジャケット、逆にモノトーンなどの無地のワンピースならジャケットは遊び心がある色を選ぶとワンピースが映えます。他にもブルーニットワンピースにデニムを合わせるなど夏以外の季節ならワンピースの下にデニムやスキーニ、レギンスなどを合わせるのも着こなしのポイントと言えるでしょう。あとオーバーサイズのモノやロング丈のワンピースを選ぶと体型を隠すことが出来るので着痩せして見えます。特に黒などは引き締まって見える色なのでお勧めで、逆に膨張色である白のワンピはよほど体型の自信がある人にしかお勧めできません。

40代の服選びで気を付けること

時々、オシャレブロガーさんのブログを読んでいると、皆さん可愛らしい洋服を着ていて、デザインも凝っています。興味が沸いてサイトを見てみますが、生地が薄めだったり、背中が大きく開いていたり、パンツもやたらと丈が長かったりと、40代ですっかりおばさん体型になってしまった私には着られそうにもないアイテムばかりでした。40代の年齢相応ってどんな感じなのだろうと考えた時、中高年向けの通販サイトを参考にしました。Tシャツひとつとってみても透けない作りだったり、流行を追いすぎないデザイン、またすぐ毛玉が出来そうな生地よりも、サラリとした雰囲気になる化繊の生地の物など、色々参考になりました。やはり、年齢がいって一番大切なのは「清潔感」だと思います。例えばTシャツは、襟ぐりが大きく開いていると少しだらしがなく見えてしまうので、首のつまっている洋服や浅いVネックの洋服を選ぶようにしています。また、中高年が流行を追っていると、どうしてもイタい感じがありますので、流行を追うのはほどほどにし、品の良さそうな定番品を着るようにしています。スカートももう膝は絶対見せません。普通のカットソーに膝下のスカート。これだけでも品良く見えますが、手っ取り早く更に品良く見せたいのであれば、トップスかボトムスにネイビーを持ってくると落ち着いた雰囲気になります。ネイビーはド定番でつまらないかもしれませんが、その変わりピアスやイヤリング、バッグなどに流行の要素を少し取り込むとオシャレに見えると思います。

服は10年ごとに見直そう

あなたが今着ている服は何年前に購入したものですか?仮にあなたが30歳だとしましょう。どんなにお気に入りの服だとしても、10代の頃に購入したはもうあなたのバランスとはそぐわないと思います。10年経つと当時流行っていたスタイルがまた流行しだすという事はファッションの界隈ではよくある事です。しかし、やはり若い学生の頃着ていた服は若い子が着る服なのです。年齢とともに好みも変化しますし、30を超えたら普段の外出時に、襟にフリルが付いたもの、ショート丈のパンツやスカートなどは痛い人に見られてしまいます。理想としては30歳になったら大学生の時着ていた服はすべて捨てるのが良いでしょう。(高卒で働いた方であれば、22歳頃までの服と考えてください)そしてその後、40歳くらいまでは1年ごとに10年前の服を捨てていき、足りなくなったアイテムだけ買い足せばよいのです。(もちろん厳密に10年ではなくおおよそで良いと思います)そうすることでクローゼットの服が増えすぎて収納できなかったり、今の自分にそぐわない服が眠っているなんて事態も防ぐ事ができます。そして30代になって服を買う時は、10年後にこの服を着ている自分を想像してから購入してみましょう。自分の想像が難しければ、おしゃれだと思う職場の先輩やパートの方で代替してみたください。購入しようとした服が、今の自分+想像した10年後の自分もしくは身近な40歳マッチすれば購入価値ありと判断してください。そのような服を買うためには20代の時と同じではなく、少し良いお店、高価なお店を選ぶと良いと思います。今の40代50代は若くてオシャレなので30代と着ている服や買うお店はあまり変わらない事が多いです。40歳までは若い頃の服を入れ替え、30代からはいかに良いものを長く着れるかで勝負すると無駄な買い物やストックが増えずに、年齢にそぐうオシャレな女性でいられると思います。

質へのこだわりのコーディネート

ファッションで重要になってくるのはコーディネートだと思います。いくらいいものを買って身に着けていても全体がバラバラであったり、意図がない組み合わせだととてももったいないと思いたくなってしまうこともあります。それはある意味で、こだわりがないコーディネートだとまとまりがなくなってしまう可能性があるので、こだわりというものは必要かと思います。これを個性ともいえるのかもしれません。個性、こだわり、自己主張というものは、主観を自分側におくのか他人側に置くのかということによって印象が大きく異なります。人によって好みやセンスが大きく変わるファッションにおいては、主観の場所は全体的なバランスがとても重要になると思います。個性を活かしつつバランスをとるためにファッションの質感にこだわってみることをおすすめします。同じようなファッションやコーディネートでも服の質感ひとつで印象は大きく変わります。そこを理解して、上手くつければ個性があるのに他人にも評価されるコーディネートができるのだと思います。しっかりと自分に合ったこだわりを見つけ、取り入れている質感もバランスよくコーディネートすることで、多くの人に受け入れられやすい個性がアピールできるのだと思います。