美脚に見せたい時のパンツ選び

脚が太いというお悩みがあるとパンツスタイルの時に脚の太さが目立ってしまわないかなと悩みますね。どのようなパンツを選べば脚の太さを気にしないでおしゃれを楽しめるのでしょうか。美脚に見せることができるおすすめパンツはワイドパンツです。ワイドパンツは太ももからしっかり太さがあるパンツなので体型カバーに最適です。ただし全体的に太く見えないようにするためにトップスはピタッとしたものを選ぶようにしましょう。ふんわりしたデザインのものを選んでしまうとシルエットがぼんやりしてしまいます。ワイドパンツはハイウエストを選ぶことでより美脚に見せることができます。脚を長く細く見せてくれる効果があります。ウエスト部分にリボンベルトがあるとウエストも引き締まって見えます。美脚に見える方法として、足首を出すというのもおすすめです。足首が見える丈のパンツを選ぶ事でスラリとした脚に見せることができます。スキニーパンツも足首を見せるだけで脚長に見えます。どのような色のパンツを選ぶのかでも美脚効果が変わってきます。引き締めて見せたいという場合は濃い色を選ぶようにしましょう。靴や小物類も上手に選ぶとさらに美脚効果がアップします。

TPOに合わせたデザインや丈

プライベートであれビジネスであれ、女性はスカートを選ぶ際にはTPOをわきまえたデザインや丈をまずは心がけるべきだと思います。ビジネスシーンで膝より丈が短いスカートを選ぶ事は基本的にありえないと思います。もちろん、制服なのでドレスコードが決まっていればありえないことでしょうが学生気分で男性に足を見せたいがために丈の短いスカートを選ぶ事はあり得ません。また、スカートのデザインについても注意が必要です。お尻のラインがくっきり見えすぎているパンツをビジネスのシーンで選ぶ事はまずあり得ません。むしろ、ビジネスシーンでスカートを履く場合にはオフィシャルで黒や紺を選ぶことが基本になってくるでしょう。逆にプライベートであれば男性とのデートを想定して少し丈が短いスカートを選んだり、お尻のLINEがくっきり見えた方が男性に注目してもらうことができます。もちろん、色に関しても客観的に似合っていると思えば少し明るめの色でトーンを変えてしまった方がビジネスと違った姿を見せることができて好評だと思います。そして、自分自身の足の形や長さを把握した上でスカートを選べば、女性の魅力がアップすることは間違いありません。

ワンピースの着こなしのポイント

ワンピースは上下セットの洋服なので、上と下のバランスを考える必要がなくコーディネイトしやすいのが特徴です。特に暑い季節などは涼しげで、体をあまり締め付け内から好きという人は多いでしょう。そんなワンピースの上手な着こなし方法を紹介していきます。まず生地の素材や色は季節に合ったモノを選びましょう。また春、秋ならジャケットとコーデしたり、冬ならインナーを着るタイプのざっくりとしたワンピースもあります。そして夏は通気性がいい麻や綿といった素材のワンピースを選ぶのがポイントと言えます。さらに柄モノのワンピースには無地のジャケット、逆にモノトーンなどの無地のワンピースならジャケットは遊び心がある色を選ぶとワンピースが映えます。他にもブルーニットワンピースにデニムを合わせるなど夏以外の季節ならワンピースの下にデニムやスキーニ、レギンスなどを合わせるのも着こなしのポイントと言えるでしょう。あとオーバーサイズのモノやロング丈のワンピースを選ぶと体型を隠すことが出来るので着痩せして見えます。特に黒などは引き締まって見える色なのでお勧めで、逆に膨張色である白のワンピはよほど体型の自信がある人にしかお勧めできません。

40代の服選びで気を付けること

時々、オシャレブロガーさんのブログを読んでいると、皆さん可愛らしい洋服を着ていて、デザインも凝っています。興味が沸いてサイトを見てみますが、生地が薄めだったり、背中が大きく開いていたり、パンツもやたらと丈が長かったりと、40代ですっかりおばさん体型になってしまった私には着られそうにもないアイテムばかりでした。40代の年齢相応ってどんな感じなのだろうと考えた時、中高年向けの通販サイトを参考にしました。Tシャツひとつとってみても透けない作りだったり、流行を追いすぎないデザイン、またすぐ毛玉が出来そうな生地よりも、サラリとした雰囲気になる化繊の生地の物など、色々参考になりました。やはり、年齢がいって一番大切なのは「清潔感」だと思います。例えばTシャツは、襟ぐりが大きく開いていると少しだらしがなく見えてしまうので、首のつまっている洋服や浅いVネックの洋服を選ぶようにしています。また、中高年が流行を追っていると、どうしてもイタい感じがありますので、流行を追うのはほどほどにし、品の良さそうな定番品を着るようにしています。スカートももう膝は絶対見せません。普通のカットソーに膝下のスカート。これだけでも品良く見えますが、手っ取り早く更に品良く見せたいのであれば、トップスかボトムスにネイビーを持ってくると落ち着いた雰囲気になります。ネイビーはド定番でつまらないかもしれませんが、その変わりピアスやイヤリング、バッグなどに流行の要素を少し取り込むとオシャレに見えると思います。

服は10年ごとに見直そう

あなたが今着ている服は何年前に購入したものですか?仮にあなたが30歳だとしましょう。どんなにお気に入りの服だとしても、10代の頃に購入したはもうあなたのバランスとはそぐわないと思います。10年経つと当時流行っていたスタイルがまた流行しだすという事はファッションの界隈ではよくある事です。しかし、やはり若い学生の頃着ていた服は若い子が着る服なのです。年齢とともに好みも変化しますし、30を超えたら普段の外出時に、襟にフリルが付いたもの、ショート丈のパンツやスカートなどは痛い人に見られてしまいます。理想としては30歳になったら大学生の時着ていた服はすべて捨てるのが良いでしょう。(高卒で働いた方であれば、22歳頃までの服と考えてください)そしてその後、40歳くらいまでは1年ごとに10年前の服を捨てていき、足りなくなったアイテムだけ買い足せばよいのです。(もちろん厳密に10年ではなくおおよそで良いと思います)そうすることでクローゼットの服が増えすぎて収納できなかったり、今の自分にそぐわない服が眠っているなんて事態も防ぐ事ができます。そして30代になって服を買う時は、10年後にこの服を着ている自分を想像してから購入してみましょう。自分の想像が難しければ、おしゃれだと思う職場の先輩やパートの方で代替してみたください。購入しようとした服が、今の自分+想像した10年後の自分もしくは身近な40歳マッチすれば購入価値ありと判断してください。そのような服を買うためには20代の時と同じではなく、少し良いお店、高価なお店を選ぶと良いと思います。今の40代50代は若くてオシャレなので30代と着ている服や買うお店はあまり変わらない事が多いです。40歳までは若い頃の服を入れ替え、30代からはいかに良いものを長く着れるかで勝負すると無駄な買い物やストックが増えずに、年齢にそぐうオシャレな女性でいられると思います。

質へのこだわりのコーディネート

ファッションで重要になってくるのはコーディネートだと思います。いくらいいものを買って身に着けていても全体がバラバラであったり、意図がない組み合わせだととてももったいないと思いたくなってしまうこともあります。それはある意味で、こだわりがないコーディネートだとまとまりがなくなってしまう可能性があるので、こだわりというものは必要かと思います。これを個性ともいえるのかもしれません。個性、こだわり、自己主張というものは、主観を自分側におくのか他人側に置くのかということによって印象が大きく異なります。人によって好みやセンスが大きく変わるファッションにおいては、主観の場所は全体的なバランスがとても重要になると思います。個性を活かしつつバランスをとるためにファッションの質感にこだわってみることをおすすめします。同じようなファッションやコーディネートでも服の質感ひとつで印象は大きく変わります。そこを理解して、上手くつければ個性があるのに他人にも評価されるコーディネートができるのだと思います。しっかりと自分に合ったこだわりを見つけ、取り入れている質感もバランスよくコーディネートすることで、多くの人に受け入れられやすい個性がアピールできるのだと思います。

何故かオシャレに見えるその理由は?

私が思うオシャレな女性服は、ずばり定番シンプルな物が多いです。
街中でも素敵だなと目に付く女性の着ている服は、シンプルな物が多いです。

定番シンプルとは、奇抜な柄や変わった形をしている服ではなく、誰でも洋服ダンスを開ければ入っているような洋服のことです。例えば、白黒のボーダーTシャツや白シャツ、ジーパンや無地の膝丈スカート、または、グレーや黒のパーカーなどです。靴も極端に高いパンプスや海外セレブが履くような装飾の付いたハイヒールではなく、シンプルな茶色や黒色の物が良いです。

ただし、気を付けないといけないのが、洋服の丈や袖の長さなどのサイズ感です。例えばいくらシンプルにTシャツとジーパンを着ていても、それだけではやはり野暮ったく見えてしまいます。Tシャツもヨレヨレ、ジーパンもしわしわというのももちろんダメです。綺麗にアイロンのかかっているTシャツをジャストサイズで格好よく着ているからこそ、オシャレに見えるのです。ズボンも丈が長すぎではやはりみっともなく見えてしまいます。少し足首が見え位の丈の方が足長効果もあり、見た目にも綺麗なスタイルに見えます。

オシャレな服は、誰も着ていないような変わった服を着るのではなく、自分の体形にあった服を清潔感を持って着こなすのが良いと思います。

40代、50代のオシャレ

TPOによってその時、その場にあったおしゃれができることが40代、50代には必要になってきます。
子供の晴れの場に、家族で集まるときに普段着とは違うどこかピリッとしたオシャレができると雰囲気が変わります。
普段ももちろんどこかその時の流行を少し取り入れながら、1,2年前の洋服にも合わせてみたり、いつもワンシーズンで着倒すばかりでは、40代50代のオシャレにはならない気がします。
プチプラの洋服ばかりではなく、また小物もそれなりに長く使えるものをそろえていくのも重要です。高い着物は、やはりそれなりにいつまでもその買った時の値段の輝きを失わないように、洋服や小物も大事に扱って、メンテナンスをすることにより、親子2代でも使えるものも出てきます。親が大事に扱っていたものは子供も大事にします。皮の製品などもお手入れによって、また、時間がたつことによって味が出るように、40代50代におしゃれも若者の真似ばかりをするのではなく、オリジナリティを持たせていいと思います。
布も少し、高いものを選び、自分で縫い、自分の体に合うようにしつらえていくことです。そういう40代50代のオシャレもあってよいと思います。みんな同じ服を着ているのではなく、着たいものを着るということが40代50代のオシャレではないかと思います。

洋服の購入にはこだわりを忘れない

こだわりを持つ事。これは何に対してでも大切な事では無いかと思います。こだわりがキツ過ぎる場合を除いて、何かしらのこだわりがある人は、不思議と生き生きと見える感じがします。家の中に対するこだわり事。それは多分誰もがお持ちなのではないでしょうか。この色の家具は買わないとか、植物は置かないなど。そんな風に、お洋服に関してもぜひこだわりを持って生きていきたいと思っています。私事ですが、私のお洋服購入時のこだわりはと言えば、可愛すぎるモノには手を出さない。です。元々可愛らしいモノが好みですので、感覚だけで選んでしまうと、どこかにリボンが付いていたり、浴衣を着て花火大会に行きたいけど浴衣の大きいサイズってプリントがされていたりと・・なってしまいます。何枚ある中の1枚ならまだ良いのですが、しっかり考え、可愛いモノには手を出さないとこだわりを持っていないと、全部が全部そういった可愛いモノになってしまい大変な事となります。お洋服選び、パッと見て『コレいい!!』と思っても、いや待てよ、可愛い部分は?リボンは?としっかりとこだわりを発揮し、選択する様にしています。こうする事によって同じ様な雰囲気が集まっていたクローゼットはスッキリとして来ました。柄や、装飾での可愛さは排除し、形での可愛さを選択する様になりました。柄モノが減った事によってトップスとボトムとの組み合わせも選択の幅が出て来ました。これ嬉しい誤算です。形が可愛いワンピースが大きいサイズ専門の通販サイトでも買えちゃうモノは可能な限り無地を選んでいますので、可愛いモノを着たいという欲求にも対応出来ています。こだわりを持つ事によって、衝動買いが減り、クローゼットはスッキリとし、コーディネートの幅も出ました。お洋服の購入にもこだわりは必要です。

服を通販する際に気をつけたいポイント

服は通販で購入するに限りますが、これには気を付けなければいけないポイントがあります。それはずばり素材感がわからないことです。通販は画像データだけで実際にものを見ることができません。私は通販で数多くの洋服を購入しましたが、値段をじっくりと見れることやサイズに関しては自宅にある似た服を参考にして購入すればさほど大きな過ちを起こすことはありませんでした。しかし、一度通販で失敗したのが実際に服を購入した際に素材があまりにも安っぽかったことです。その服は革ジャンだったのですが、画像で見るとしっかりとした革でしっとりとした感じだったのでサイズや金額についても問題なくあとは物が届くことを待つだけだったのですが実際に到着した商品である革ジャンはビニール革のようであまりにもテカテカしていて安っぽいものでした。重量もペラペラで軽く、重厚感がまったくなかったのが失敗してみまったポイントです。それ以降は本当に欲しい商品があり、その商品が店舗で見ることが可能であれば実際に店舗で物を見てから購入するようになりました。やはり通販は現物を見て手にとって触れないことが最大のデメリットであり、気を付けるポイントだと思います。